☆薬膳カフェ教室☆

薬膳教室イベント in北鎌倉の畑

国際薬膳調理師の試験も終わったのですが
受験者数は毎年増加の傾向にあるようです。

最近はカフェなどでも薬膳ブームが来ているように感じますが
薬膳とは病気を防ぎ健康を保つ食事のことです。
その前に基礎を体験するイベントを行いたいと思います☆

北鎌倉で薬膳教室をおこないます



鎌倉の薬膳教室

◆◆自然と一体になる自然農畑イベント◆◆


日にち  6月8日(土) 
集合   JR北鎌倉駅 円覚寺側改札前 12時
時間   12時〜15時(解散)
参加費  2,000円
持ち物  マイカップ、レジャーシート、日焼け止め、ウェットティッシュ
定員   10名

畑なので動きやすくて汚れてもよい服装と靴でお越しください。
裸足になる予定です。(希望者のみ)
長靴かビーチサンダルなどを持ってくるのもおすすめ。
帽子や手ぬぐいなど日焼け防止グッズがあると安心です。

※雨天中止(前日にご連絡いたします)


野草のお茶をお出しします。
マイカップをお持ちください。

・薬膳の話
・畑の案内
・無農薬の畑で具らウンディング(昼寝?)
・野草茶でティータイム
・自然農のお話

薬膳の元になる基本概念でもあり五行に密接に関係しています。
薬膳理論をお伝えする前に、
まずはそれを体験していただけたらと思っています。

今回、場所の提供をしてくださるのは
北鎌倉で自然農という方法で野菜や野草を育てている
無農薬・無肥料の安心安全な畑です。


自然農に関するお話も聞けますので
植物や野菜を育てている方は栽培についての質問もできます。


薬膳だけではなく、畑や植物に興味のある方も
お気軽にご参加ください。


下記内容をメールでご連絡いただけると幸いです。

・ご住所(だいたい)
・お名前(フルネーム)
・当日の連絡先、携帯アドレス
・ご参加のきっかけなど

info★keephealing.com (★マークを@マークに変えてご連絡ください)


posted by みゆこ at 22:35 | Comment(0) | 薬膳教室のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆薬膳カフェ教室☆

青パパイヤで女性はますます美しくなる(薬膳料理)

酵素たっぷり☆美容には青パパイヤのサラダ



薬膳レシピ 気楽來

4人分
青パパイヤ 1/2個
ピーナッツ 手のひら1杯
プチトマト 5〜8個
パクチー(乾燥香菜でも可)てきとう
干しエビかシーチキンなど お好みで

■ 調味料 ■
ナンプラー 大さじ4
レモンの絞り汁 大さじ2
鷹の爪(輪切り) ほんのちょっと
にんにく(みじん切り) ひとかけ

@
青パパイヤを、水にさらしてアクをとります。
15分くらいで水気を切ります。

A
ジップロックのような丈夫なビニールにピーナッツとにんにくを入れて
麺棒などで砕きます。

B
Aの中に水切りした@を入れて残りの調味料をいれて
麺棒などで叩いて味をなじませます。

C袋から出してシーチキンを混ぜて
プチトマトとパクチーを飾ったらできあがり♪


青パパイヤの効果については次のページで説明します。

posted by みゆこ at 12:20 | Comment(0) | 美容薬膳レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆薬膳カフェ教室☆

七草粥も立派な薬膳です

七草粥


お正月はいっぱい食べました。
さすがに正月太りしました・・・^^;

薬膳レシピの七草粥


人日の節句(1月7日)の朝に、
7種の野菜が入った七草粥を食べる風習がありますね。


これは薬膳的な視点でもとっても理にかなった旬の料理です。


七草粥の効果


セリ・・・・・健胃、利尿、解熱、去痰
ナズナ・・・・健胃、利尿、解熱、下痢や腹痛に良いとされます。
ゴギョウ・・・せき止め、喉の痛みをやわらげる。扁桃腺炎、気管支炎の予防
ハコベラ・・・整胃、整腸作用があります。
ホトケノザ・・健胃、食欲増進作用、解熱作用
スズナ・・・・健胃、食欲増進作用。安神。カルシウムを含み心を安定
スズシロ・・・健胃、せき止め・気管支炎予防。大根のこと

お正月で疲れた胃を「健胃」する効果が高いのです。
また、旬の食材である野草を使うことにより
エネルギーを十分に吸収して
元気に冬を乗り切ることができるのです。



posted by みゆこ at 15:02 | Comment(0) | 薬膳レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆薬膳カフェ教室☆

薬膳ピクルスで食卓を鮮やかに♪

ほんのひと工夫で薬膳ピクルスができます



ピクルスはお酢を使って作った野菜のお漬物です。
酸味は肝に働きかけるので、肝の働きがいまいちの時など
副菜として取り入れるとよいものです。

薬膳料理教室 気楽薬膳(横浜・鎌倉)


ピクルスは普通の作り方と同じで好きなお野菜を使ってお酢につけるですが
薬膳ピクルスと名がつくのでちょっとひと工夫。

合わせ酢に少し「黒酢」を入れましょう。
色がついてしまうのでほんの少し(大さじ1くらい)でOKです。

砂糖も白砂糖ではなく、せっかくなので「黒砂糖」にします。


黒酢の効果
咳、痰 に効果がある
血の滞りを解消し食欲を促し、消化を促進する


ういきょう(フェンネル)の効果
気の滞りを解消してくれます


黒砂糖の効果
風邪に効果があり、血を造り、血をきれいにします


他にお好みで八角などを入れてもよいでしょう。
ピクルス酢につけて一晩ねかし、翌日には美味しくいただけます。

薬膳料理教室 気楽薬膳


お酢は大好きですが、毎回酢の物を作るのは手間ですよね。
ピクルスがあると、彩もきれいで、箸休めにもなりますし
マヨネーズと混ぜてタルタルソースとしても使えます。

かなり便利な薬膳ピクルス、どうぞお試しください♪


posted by みゆこ at 14:00 | Comment(0) | 薬膳レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆薬膳カフェ教室☆

薬膳とは?

薬膳とは



「食卓に並ぶ食べ物はその人の未来である」

という有名な言葉があります。


ファーストフードやコンビニや外食が増えて
便利になった現代社会ですが
いま食べているものがあなたの未来の身体や人生を作っています



「医食同源」や「薬食同源」と言われるように、
中国では三千年前の周王朝に、既に「食療医官」という官職があり、
皇帝や宮廷生活者の食事指導をしていたようです。

韓国ではチャングムのような食事の仕事もあったので
なじみもあるかと思います。



「薬膳」は養生と治病のため


食物と生薬(しょうやく)を中心として体調管理をしようと
中国で生まれ「薬膳」です。


日常の健康管理や病気の予防と治療に役立てていくこと(未病の治療)は
非常に意味のあることだと考えられます。


薬を飲むまで悪化する前の病気になる状態を未病といいますが
この状態で食物のエネルギーやパワーを組み合わせることにより
病気を予防することがとても大切だと見直されています。


posted by みゆこ at 21:16 | Comment(0) | 薬膳のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。