☆薬膳カフェ教室☆

薬膳とは?

薬膳とは



「食卓に並ぶ食べ物はその人の未来である」

という有名な言葉があります。


ファーストフードやコンビニや外食が増えて
便利になった現代社会ですが
いま食べているものがあなたの未来の身体や人生を作っています



「医食同源」や「薬食同源」と言われるように、
中国では三千年前の周王朝に、既に「食療医官」という官職があり、
皇帝や宮廷生活者の食事指導をしていたようです。

韓国ではチャングムのような食事の仕事もあったので
なじみもあるかと思います。



「薬膳」は養生と治病のため


食物と生薬(しょうやく)を中心として体調管理をしようと
中国で生まれ「薬膳」です。


日常の健康管理や病気の予防と治療に役立てていくこと(未病の治療)は
非常に意味のあることだと考えられます。


薬を飲むまで悪化する前の病気になる状態を未病といいますが
この状態で食物のエネルギーやパワーを組み合わせることにより
病気を予防することがとても大切だと見直されています。


posted by みゆこ at 21:16 | Comment(0) | 薬膳のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。